妊娠に大切な葉酸は厚生労働省に

妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗と共に体外に排出され、人体に留まって蓄積するという事はありません。
ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。サプリ等で葉酸を摂取するときには、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において積極的な葉酸の摂取が求められています。
母子ともに健康な体でいるためにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。
厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり葉酸0.4mgです。
さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。
ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦ったり悲しかったりでした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。
妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊活中の女性も早めの摂取を心がけてください。妊婦の方の中でも、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も大勢居るのではないでしょうか。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。
結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。
妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。
亜鉛は精子が活性化することを助けてくれるんですね。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。
葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そうではないのです。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
冷え性は不妊を招くと言われています。
体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血流のわだかまりを解消し、新陳代謝を促し、体全体をリラックスさせる効果があります。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。
一方で、葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です